harumi-keiのブログ

日々のつぶやき、こころのさけび

心の闇

いつもビクビク怯えてた

週末になるのが怖かった

顔を合わさないようにしてた


本音は言えず、

ため息をつくのが限界

力なく、見つめるのが限界


ため息を禁じられ、

睨みつけるのをやめろと言われ、


避けるしかできなくなった。


子供の耳を塞いだり、

ボイスレコーダーを起動させたり、


確かに、何年も続いたわけではない


暴言を吐いて、

罵って、

窮地まで追い込んで、


忘れるわけない


仲良くできるわけない


今だって、目を見て喧嘩もできないし、

離れてる時にメールにしたり、


怖いと思う心をカウンセリングでもしないといけないんだと思う


当時は、自分の方がわたしにダメージ受けさせられてると怒鳴られ、

本当に何もできなかった


自分の望みを伝えることも、


本音を話すことも


妊娠中から、出産後1年、

そんな扱いだった


つわりのひどい毎日と、

貯金のない生活で辞められない体を使う仕事

2ヶ月以上の管理入院

大掛かりな出産手術

寝れない毎日


からの

夫からの暴言


かまってくれないからの暴言だったといまは話すけど、わたしに、どこにそんな余裕があるのか、


暴言を吐かれることに怯え、

寝れない育児の中、生活費を渡さないと脅され、

なにかあると、離婚してやる、

わたしの家族にも離婚だーと騒ぎ立て、


わたしはただ、

毎日生きることに必死だっただけだったんだ


目を離したら死にそうな我が子を守ることだけに必死だったんだ。


手術の傷なんて、全然治らなかった

そんな痛みは、どうでもよかった


一緒に乗り越えてほしかった


人生で一番キツい毎日を乗り越えられない人とはこの先もいられない

わたしがピンチのときに、

助けるよりも、自分のことを優先する人とは、いられない。


もう少ししたら自分の心のケアをしたい、


おつかれさま、

たいへんだったね、

って声をかけてあげたい

責任

わたしのもとにうまれてきてくれて、

わたしをママに選んでくれて

ありがとう。


不器用で、人付き合いうまくないし、

頑固だし、子供っぽいし、


そんなわたしだけど、

精一杯がんばるよ

力を入れるところ間違っちゃうかもだけど

あなたが、幸せだった、って言ってくれるように


選ばなかった人生を後悔するより、

選んだ人生を幸せに生きたい


出来損ないのママでごめんね

迷い

覚悟が甘いって言われるかな

子供から、パパの話題が出るとドキドキしてしまうし、罪悪感もある

泣きそうになる


弱さを見せちゃいけないのに

ポロっとうるみそうになる。


子供が一番の犠牲者なのかな?

わたしの勝手な選択だったのかな?

子供は、わたしのせいで不幸な道を歩むのかな?


間違ってないと信じてるけど、

揺れそうになる


わたし一人が我慢してれば、

丸く収まるのかなって。


正解の見えない道だから、

不安になるよ